会計ソフトで作成した青色申告決算書を国税庁確定申告書等作成コーナーで送信してみた

2 min 151 views
たまねぎ

たまねぎ

神奈川県在住の会社員。まいにちをちょっと良くするための情報を日々探し中。

FOLLOW

確定申告の季節ですね。

前回までで、証券会社やふるさと納税サイトの書類をe-私書箱連携してきました。自動連係することで計算ミスの心配もなく、手間も大幅に削減でできていいことずくめですね。

個人の方はこれで問題ありません。しかし、個人事業主の場合は少し事情が違ってきます。

個人事業主が青色申告をする場合、私が使用している会計ソフト(Moneyforward cloud)からそのまま提出しようとすると、上記のe-私書箱連携が使えないんです。

せっかくいろいろ設定したのに無駄にしたくない!

せっかく自動で出した決算書なのに、数字を書き写したりとかしたくない!

いろいろ試した結果、会計ソフトでの青色申告決算書の作成とe-私書箱連携を両立できた気がするので、その手順を記録しておきます。

皆様の確定申告ライフのお役に立てば幸いです。

事前に準備しておくもの

実際に行う前に、以下のものを準備しておく。

  • 会計ソフトから出力したe-Taxファイル(拡張子.xtx)
    • 青色申告決算書を含むe-Taxファイル
    • 申告書等が含まれていてOK
  • e-Taxソフト(ダウンロード型)
    • 上記e-Taxファイルより青色申告決算書を切り出すのに必要
    • WEB版には切り出し機能がないため、必ずダウンロード型を選択
    • リンクの手順に従ってインストールする
    • 追加インストールが必要な税目は、所得税フォルダ直下の該当年度分

実際の手順

e-Taxソフトを使用して青色申告決算書の切り出し

私の使用している会計ソフトから出力した.xtxファイルそのままでは、国税庁サイトでe-私書箱連携を利用しての申告ができません。そのため、e-Taxソフトを使用して、.xtxファイルより青色申告決算書のみを切り出します。

  1. STEP

    e-Taxソフト起動後、「マイナンバーカードを利用する」を選択し、「次へ」ボタンをクリック。(ダイアログが表示されない場合は、メインメニューより「利用者選択」-> 「利用者ファイルの新規作成」を選択する)

  2. STEP

    「次へ」ボタンをクリック

  3. STEP

    利用者証明用パスワードを入力して、「OK」ボタンをクリック

  4. STEP

    氏名を入力して「保存」ボタンをクリック。利用者ファイルの保存ダイアログが表示されるので、任意の保存場所を指定して保存する。

  5. STEP

    メインメニューより「作成」-> 「申告・申請等」を選択

  6. STEP

    右下の「組み込み」ボタンをクリック

  7. STEP

    「ファイル名」に会計ソフトで作成した.xtxファイルを、「申告・申請等名」に任意の文字列(適当でOK)を入れて「OK」ボタンをクリック

  8. STEP

    組み込んだ申告書をダブルクリック

  9. STEP

    青色申告決算書以外の帳票を選択し、「帳票削除」ボタンで削除する

  10. STEP

    再びメニューの「作成」->「申告・申請等」より、申告書を選択し、「切り出し」ボタンをクリック。申告・申請等切り出し先選択ダイアログボックスが出るので、任意の場所に保存

以上で必要となる.xtxファイルの作成が完了しました。では次に、国税庁のサイトで送信してみます。

確定申告書等作成コーナーで送信

  1. STEP

    申告書の種類は「所得税」を選択

  2. STEP

    申告書の作成を進めていき、「申告書等の送信・印刷」まで来たら「決算書・収支内訳書や税務代理権限証明書等のデータを一緒に送信する」にチェックし、ページ下部の「次へ進む」ボタンをクリック

  3. STEP

    「ファイルを選択」より、保存した.xtxファイルを選択して、「入力終了(次へ)」ボタンをクリック。以降は画面指示に従って進める。

以上となります。申告書等送信票をみると、「青色申告決算書」について、「電子送信」に丸がついていますね。

まとめ

今回は、会計ソフトで作成した青色申告決算書について国税庁確定申告書等作成コーナー実際に送信してみました。

工夫を積み重ねていき、手書きを極力減らすことで、申告のミスを減らすことができるかと思います。この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

それではまた!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です