SBI証券で特定口座年間取引報告書をe-私書箱連携する

2 min 871 views
たまねぎ

たまねぎ

神奈川県在住の会社員。まいにちをちょっと良くするための情報を日々探し中。

FOLLOW

確定申告の季節ですね。

e-Taxでの申告も年々便利になってきていて、うれしい限りです。

みなさん医療費の領収書を集めたり、ふるさと納税の寄付金を確認したりと、準備に余念がないかと思いますが、そんな中で、SBI証券が令和4年1月よりe-私書箱連携に対応するそうです。

また、サービスリニューアル後には新たに下記がご利用いただけるようになります。

支払通知書(円貨建のお取引)を電子交付の対象に追加

年間取引報告書のXMLファイルを発行

マイナポータルとのアカウント連携

電子交付サービスリニューアルについてより引用

ということで今回は、SBI証券における、特定口座年間取引報告書をマイナポータル経由で取得できるようにするまでの設定を実際にやってみました。

皆様の確定申告ライフのお役に立てば幸いです。

SBI証券サイトでの連携設定

それでは実際に連携を行っていきます。

  1. STEP

    ログイン後、画面の右上「口座管理」より「電子交付書面」を選択

  2. STEP

    画面下部

    2022年1月以降の特定口座年間取引報告書・支払通知書(円貨建のお取引のみ)についてはこちらからご確認ください。
    ※電子交付に設定いただいている書面のみ閲覧可能となっております。

    の横にある「閲覧」ボタンをクリック

  3. STEP

    左側メニューの「e-私書箱連携」を選択

  4. STEP

    画面下部にある「e-私書箱につなぐ」ボタンをクリック

  5. STEP

    私はすでにe-私書箱のアカウントを持っていたため、「同意する」にチェックを入れ、「すでにアカウントをお持ちの方はこちら」ボタンをクリックしました。

    e-私書箱のアカウントを持っていない場合は、新規に作成が必要になります。

  6. STEP

    画面下部の「認証する」ボタンをクリック

  7. STEP

    マイナンバーカードをカードリーダーにセットし、利用者照明用電子証明書暗証番号を入力

  8. STEP

    完了

以上となります。

試しに国税庁のページで申告書の作成をしてみたところ、無事データの取り込みが行えました!

まとめ

今回は、 SBI証券における、特定口座年間取引報告書をマイナポータル経由で取得できるようにするまでの設定を実際にやってみました。

こういうのって、微妙に設定箇所が探しづらかったりするので、皆様のお役に立てば幸いです。

それではまた!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です